CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 何を言いたいの? | main | パパからメール >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
パパ
そういえば、最近‘パパ’に会ってない。

パパは私の友人の中で一番私に甘い男。
体の関係は一度も無いし、キスどころか手をつないだことも無い。
私と同じくらい極悪な女癖を持ちながら、私には絶対に手を出さない。
それはパパなりの私への愛情。
私は彼の前でなら着替えするのは平気だ。
それは私なりの信頼。

パパはこの前、本当にパパになった。
自分の子どもを産んでくれる女性と結婚した。
結婚を決めてから実際に結婚して自由な時間が無くなるまでの半年くらいは、
よく二人で遊んだ。
その期間、私は彼から、結婚に際して男性がどれくらいモノを考えるのかを知った。
なかなかいい経験だった。
えげつないくらい深いところまで話を聞けた。
パパは私が不倫していたことも、今も大人しくしていないことも知っている。
聞いて笑って、それでも私を軽蔑しないで、大事にしてくれる。
「バレるなよ」
とだけ釘を刺すけれど、もういい加減に落ち着け、と言ったことは一度も無い。
言っても無駄な時は無駄だということを彼は知っている。
同類だから。

心が壊れそうになっていても、パパに会うと
不思議なことに私はしゃんとする。
極悪な私の素性を知っていても、人間扱いしてくれる人がいてくれることに安心する。

もうそろそろパパに会いたい。
そうじゃないと、なんだか擦り切れてしまいそうな自分。
| パパのこと | 16:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 16:09 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック