CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< パパありがとう | main | みんな幸せになってほしいよ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
パパの優しさ
パパは電話をしながら
「迎えに行ってあげられなくて悪いけど、良かったら店まで来る?」
と言った。
こんな時間にこんな風に言ってくれる男友達がいるなんて私は幸せものだわ、と思った。
下心のかけらもない。
しかも店においでとまで言ってくれるのだ。
でも私は丁寧にそれを断った。
酒気帯び運転だったのだ。
それなのにこれ以上うろうろしたら警察に遭遇してしまう、と言ったら
「そりゃそうだ」
と彼は言った。
「じゃあ、今から家に帰って、眠れなかったら明け方にでもおいで。
 8時くらいまではいるから、もし来たら一緒に朝メシを食いにいこう」
とまで言ってくれた。
私はまた胸が一杯になった。
「大丈夫だと思う。強力な薬があるから、今日はそれで眠れると思う。
でももし、薬さえも効かないくらい私がダメージを受けてるんだったら
明け方にふらっと行くかもしれない。その時はお礼に朝ご飯おごる」
と言って電話を切った。

そうだ。
世の中全てが嫌なやつばかりじゃない。
| パパのこと | 03:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 03:30 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック